中古の給湯器に関してのまとめサイト

中古の給湯器について

給湯器が故障したときに交換や修理が必要になります。

 

新品の給湯器は高いので中古の状態の良いものを付けたいという考えの方もいると思います。

 

しかし、中古の給湯器というのは実際のところお得なのか?損なのか?
これは場合によって変わるので詳しく解説していきます。

 

 

中古の給湯器の価格と相場は?

 

中古の給湯器は楽天やヤフオク、メルカリなどで売られていますがそこでの価格の相場をまとめました。

 

比較基本条件

  • 16号
  • 追い炊きなし
  • 給湯

比較条件は以上のものになります。

 

楽天の場合 2012年〜14年(5年前後の製品)

 

¥20000〜35000程度

 

ヤフオクの場合 2012〜14年

 

¥10000〜30000程度

 

ジモティ 2014年

 

¥15000〜30000程度

 

調べた時の平均相場は上記のようになりました。

 

楽天の場合は割高ですが、業者が販売しているためある程度保証などはしっかりしていると思いますが、ヤフオクやジモティの場合は個人間の取引になるのである程度知識がある人以外はオススメできません。

 

 

中古の給湯器はお得なのか?

中古の給湯器といっても、色々な状態のものもあり、未使用で保管していたものなども中古品として売られている場合もあります。
数年家庭で使われていたものを引き下げてきて売っている場合は注意が必要になります。

 

使い方によっても破損の状態もかわってきますし、取り付け場所の条件によっても変わります。

 

マンションなどで雨風に当たらないところで使われていたものは見た目は綺麗でも中は劣化しているという場合もあります。

 

給湯器を交換するときにお得なのは、未使用の型落ち品の中古扱いになっているものです。

 

仕入れて在庫が残ってしまっていて、新しい型との入れ替えの時期などに中古品として扱われている商品は狙い目の商品の一つです。
他には、取り付けてすぐに交換になった商品などもお得です。
お客さんがつけたけどすぐに何かしらの理由があり取り外したものがたまに売られていますが、
1年程度しか使っていないのに新品が10万円くらいのものが2,3万で売られていたりすることがあります。
こういった商品もお買い得だと思います。

 

3年以上たっている中古品に関しては?

3年以上たっている給湯器の中古はよほどのことが無い限りはおすすめはできません。

 

なぜなら、保証が効かない可能性が高いこと、何で外されたのかがわからないことが理由にあげられます。

 

普通給湯器はメーカー保証が3年前後付いていることが多いですが中古品に関しては保障が効かなくなることがあります。
つまり取り付けてすぐにトラブルが起きたときにも保証が受けられずすぐに修理や交換が必要になる可能性もあるということです。

 

また、3年程度の給湯器が取り外されるのには何か原因があります。
ただ新しいものに交換したいとのことで取り外されたものなら良いのですが、何かしらの原因で壊れていたものを修理して売られている場合はまた故障する可能性が他の給湯器に比べて高くなります。

 

こういったことから中古の給湯器はおすすめはできません。

 

例えば、給湯器が壊れたけど2〜3年後には引っ越さなくてはならないなどの特殊な事情があれば中古も検討してもいいとは思います。

 

給湯器は中古で購入しても自分では付けられない!

給湯器を中古で購入したとしても取り付けは素人ではできません。
給湯器の取り付けには資格が必要なので交換や取り付けの際には有資格者にお願いすることになります。

 

ガスの取り扱いになるので何かの間違いがあったら大事故につながることもありますので、今流行りのDIYなどは考えないようにしたほうがいいでしょう。

 

給湯器の取り付け業者は給湯器と取付をセット価格で販売しているところがほとんどなので、取付のみをお願いできる業者はあまりありません。
その為、工賃が割高になってしまったりすることもあります。
知人に有資格者がいて時間のあるときにお願いできるなどの好条件がある場合なら自分で給湯器を仕入れて取り付けということもできるでしょう。

 

給湯器の中古を購入する際には事前にこういったことに注意して検討するようにしましょう。

 

 

page top